株式会社デプトプランニング tel:03-5778-4020 fax:03-5778-6841 東京都渋谷区神宮前5-29-9めぐみハイマンション202
株式会社デプトプランニング 03-5778-4020 株式会社デプトプランニング 03-5778-4020 ひとつひとつの出会いをたいせつに新しいワインのあり方、魅力、作り手の情熱を伝えていきたい
ワイナリー
ワインリスト
取扱店紹介
イベント
新着情報
会社案内
メールマガジン
ワイナリー


POURLA VIE ポー・ラ・ヴィ

サイモン・レヴィ社の起源は1873年、南カルフォルニア、サンディエゴの近く開拓者の村、テメキュラに最初の雑貨店をオープンしたことにさかのぼります。 サイモン・レヴィは12歳の時にボヘミア(オーストリア)からカリフォルニアへやって来ました。開拓地において唯一鉄道の通るテメキュラの町は荷物の受け渡し場として栄え、レヴィの店も大繁盛しました。そしてあらゆる農産物の卸業、倉庫業へと事業を拡大し、彼の名声はバハカリフォルニアからサンルオビスポまで知れ渡るものとなりました。

レヴィの義理の息子、J.B.ジェイコブスのリーダーシップのもと、サイモン・レヴィ社はシュリッツビールの経営権を獲得しました。その後酒類卸業へと経営を多角化しました。 J.B.ジェイコブスの孫にあたるジェイ・ジェイコブスはすべての事業を引継ぎカリフォルニア最大のワイン&スピリッツの取り扱い企業へと成長させました。
1980年代後半、大手の蒸留所は卸業者を各州に1、2箇所へと集約しはじめました。サイモン・レヴィはその業者には選ばれず、蒸留酒事業から撤退しました。 同時期にサイモン・レヴィ社はストーン・クリーク・ワイナリーを買収していました。最初はあまりうまく行きませんでしたが、メルローのブームをいち早く察知し、メルローを造り売り出したおかげで7,000ケースほどだった生産数はあっという間に250,000ケースへと飛躍しました。このストーン・クリーク・ワイナリー買収を機にジェイコブスたちは北カルフォルニアへ拠点を移したのです。

サイモン・レヴィ社の5代目にあたるバリー&ブラッド・ジェイコブスは歴史あるケンウッドの町の中にテースティングルームを持ち、1890年に彼らの祖先がお店として建築し、その後ケンウッドの町の校舎として使用されていた思い出深い建物を彼らのオフィスとして使用することにしました。

ストーン・クリーク・ブランドを中心にサイモン・レヴィ社はワインのネゴシアンとしても活躍、全米50州に渡り彼らのワインは売られました。巨大ブランドになるに連れ競争の渦に巻き込まれワインブランドの買収競争が激化する事態となった時、ジェイコブスはワインビジネスにおけるサイモン・レヴィ社の役割について自問自答するようになります。バランスの取れた良い人生を人々に与えることにもっと努力すべきではないかと思ったのです。より良い人生とより良いワインのある生活の融合を試みたいと思ったのです。
そして長時間の議論の後、ストーンクリークを手放すことを決めました。ソノマ、ナパから特別なブドウを見つけワインを造ることに集中したいと思ったのです。再度北カルフォルニア中を探索し、自社のワインを探求することに没頭しました。そして社名をサイモン・レヴィ・セラーズへと変更したのです。

サイモン・レヴィ社は先駆者としての精神、たゆまぬ努力を続けることを信条とした創設者の精神を大事に継承し、誠実に今後も次の世代、6代目へと飛躍したいと考えております。

サイモン・レヴィ・セラーズはデプトプランニング取扱い 幻 マボロシ・ヴィンヤードの私市友宏氏の奥様のレベッカさんがワインメーカーをしているワイナリーです。レベッカさんはヘレン・ターリー女史のアシスタントも長年務め、マボロシのブドウをナパのヨーク・クリーク・ヴィンヤードから買い付けることにも貢献しています。 
この度レベッカさんのご紹介によりサイモン・レヴィ・セラーズのスパークリング・ワイン、ポー・ラ・ヴィが日本に初上陸します。
現地でもワイナリーのテースティングルームでしか入手できないというレアワインです。
ボトル
価格
ワイン名
タイプ
ヴィンテージ
JANコード
コード
\ 3500(外税)
POUR LA VIE SPARKLING WINE ”GRAND CUVEE ”
ポー・ラ・ヴィ スパークリング・ワイン “ グランド・キュベ“
SP
NV年
-
21001

ADOBE FLASHPLAYER